So-net無料ブログ作成
検索選択

「鹿島」所長らきょう書類送検 砂利不正転用 470万円詐取疑い(産経新聞)

 羽田空港D滑走路建設をめぐる大手ゼネコン「鹿島建設」(東京都港区)の砂利転用事件で、発注元の国土交通省から受注額との差額約470万円を詐取したとして、警視庁組織犯罪対策3課は16日、詐欺の疑いで、同社の羽田総合事務所長やブローカーら数人を17日に書類送検する方針を固めた。詐取額が少ないことや埋め立て部分が原状を回復していることなどから、強制捜査は見送る見通し。

 空港滑走路など大規模公共事業では下請け業者への介入など、暴力団ら反社会的勢力が群がる素地があるとされる。同課は事件を機に、公共事業からの反社勢力の一掃を目指す。

 同課の調べによると、鹿島は平成19年12月、横浜市の「かながわドームシアター」跡地に、10階建てビルを建設する工事を受注。工事の過程で約数千立方メートルの玉砂利が採取された。

 所長らは共謀のうえ20年10月、このうち約1190立方メートルの玉砂利について、国交省に届け出た資材とは異なると知りながら、滑走路の土台を支える「築堤材」に転用。安価な玉砂利を使うことで、受注額との差額分約470万円を詐取した疑いが持たれている。

 同社は国交省に「岩ズリ」と呼ばれる岩を砕いた材料を使うと届け出ていた。未承認の砂利はブローカーが業者を経由させ、現場に投入されたという。

 鹿島は「(転用は)故意でなく、連絡ミスで下請け会社が1度だけ海に投入した」と説明。国交省は鹿島に文書で厳重注意したうえで玉砂利を撤去させ、21年11月に詐欺容疑で警視庁に被害届を提出。警視庁が同月、関係先を家宅捜索していた。

菅首相、10日に拉致被害者家族と面会(時事通信)
自民が内閣不信任を提出 午後否決 国会閉会、参院選へ(産経新聞)
おぼれた女性1人死亡、2人が重体 千葉(産経新聞)
<地域主権戦略大綱>政府6月中の策定先送りへ 参院選後か(毎日新聞)
<富士山>防げ登山事故 山小屋と気象会社、情報共有し予報(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。